HOME | 体力の重要性


大人になってからの財産に!

運動をして体力をつけることの重要性は、先人も各界のトップランナーも認めています。

人の成功と失敗のわかれめは、第一に健康である。次には熱と誠である。体力があって熱と誠があればかならず成功する。~五島慶太(東急グループ創立者)

 

人生において重要なことは、大きな目標を持つとともに、それを達成できる能力と体力を持つことである。~ゲーテ(ドイツの詩人・作家)

 

私は、集中力の基盤になるのは根気であり、その根気を支えるためには体力が必要だと思っている。~羽生善治(将棋棋士)

 

スポーツをもっとやって仲間を作ってほしい。辛抱する力や人間力の訓練になる。~塩川正十郎(元財務大臣)




体力をつける時期

このグラフは、1930年にミネソタ大学のスキャモン教授が発表した「人体計測」という本の一節「子どもの身体計測」に載っている図です。

 ヒトの4大組織(筋肉・骨・脈管などの全身組織,神経組織,リンパ組織,生殖組織)の成長スピードを示しています。

この発育発達曲線を参照すると、神経系統は、子どもの時期に神経回路が形成されていく大切な過程となります。神経系は、いったん自転車に乗れるようになると何年間も乗らなくても、すぐに乗れることからもわかるように、一度、神経回路を形成させることが非常に重要です。
ジュニア世代に神経回路へ刺激を与え、その回路を張り巡らせるために多種多様な動きを経験させることは、とても大切なことなのです。

このようにジュニアの時期に運動をし、正しい技術を身につけることは、勉強を行うのと同様に大人になってからの大きな財産になるのです。

ダイヤモンドオンラインの記事(2014.9.17)